当社の強み

お客様へ

左官工事とは、建築物への壁塗りのことを言います。
砂壁や漆喰仕上げなど、壁の最終的な表面仕上げとして重要な役割を果たします。
その役割とは、まず“建物の耐久性や居住快適性を高める”ということと“壁を美しく仕上げる”という装飾的な役割です。
当社では、土やセメント・モルタルなどの素材を使い、建物の基礎や下地を構築。
そして砂壁や漆喰などの仕上げ材を使い、壁や天井・土間の表面仕上げを行うのです。

また、当社では左官工事をはじめ、外構工事、内装解体、基礎工事などを自社にて一貫して施工を承っています
中間マージンも発生せず、美しい仕上がりが実現します。

さらに、大手各メーカーと長年に渡り取引のある当社では、様々な素材を使用した左官工事をご提供。
漆喰・珪藻土・ 土壁・石膏・樹脂モルタル・ セメントなど、お客様のご要望やイメージに合わせた施工をお届けします。

当社代表は業歴50年以上の実績がございます。

施工は職人目線で真剣な仕事を、ご提案・ご相談にはお客様目線でお応えすることを心がけております。
左官に関することはもちろん、それ以外の住宅工事に関することであっても、お困りであればお気軽にご相談ください。
長きに渡る経験の中で、左官以外の技術も培ってまいりましたので、出来る限りのご要望にお応えしてまいります。

左官工事のことであれば、他社に断られたような特殊な施工・デザイン性の高い施工もお任せいただけます。
多くの材料メーカーとの付き合いがありメーカーごとのライセンスも取得。大手メーカーからも指定工事店とし認められていますので安心してご依頼いただけます。

また、基礎工事や内装解体についても資格を保有しておりますので幅広い施工を自社で一貫して対応できるのが強みです。

染谷左官工業では、どんなに小さな工事でも誠実に対応させていただきます。

お客様に安心してご依頼いただけるよう、当社では“自社施工”にこだわっています。
お問い合わせから現地調査・施工・アフターフォローにいたるまで、全て自社の職人が担当。
スムーズな対応はもちろんのこと、お客様のご要望を細部まで実現できるため、品質の高い仕上がりにご期待いただけます。

また、自社施工のメリットが大きいのは何と言っても価格面です。
下請け業者に委託しない分、中間マージンといった余計な費用がかかることはありません。
お客様からいただく料金を無駄にすることなく、施工そのものに費用をかけるため、リーズナブルで質の高い仕上がりが叶います。

塗り壁とクロスの決定的な違いは、空間の温かみ。
土を材料として職人が一つひとつ手塗りしていく塗り壁は、空間の空気の質が明らかに違います。
また、珪藻土や漆喰、火山灰や炭を材料としている塗り壁は吸放湿性に優れ、イヤな生活臭も吸収してくれるため、見た目の美しさだけでなく、住み心地にも大きな影響を与えます。

「何だか気持ち良くて、落ち着きますね。」
「空気が綺麗になった気がします。」
施工後はそんな声をたくさんいただきます。

それは塗り壁が持つ力といっても過言ではありません。
今ある暮らしに塗り壁を取り入れて、新しい『豊かさ』を体感してみませんか?